松原歯科クリニックブログ

2012.01.19更新

御徒町・上野・浅草の歯医者なら~松原歯科クリニック

松原歯科クリニック院長 松原 将人


一月も後半になりそろそろ花粉症の季節となってまいりました。


そういう私もかなりの重度の花粉症持ちで、今から今年の対策をどうするか考え中です。

毎年診療中のマスクの中は鼻水が垂れないように、ティッシュで鼻栓・・・


汚い話ですいません。


花粉症の季節は完全に鼻が詰まっているため、会話に聞きづらい可能性がありますので

ご了承ください。

話はそれましたが、花粉症と歯科には関係がないように思われますが


実は関係があるんです。

人は本来鼻で呼吸をしています。


しかし花粉症が発症し、鼻水・鼻づまりにより正常な鼻呼吸ができなくなります。


そうなると今度は口呼吸へときりかわります。

口呼吸は外気が直接口にはいるため、口の中が乾燥した状態になり


その結果唾液が少なくなり、唾液による自浄作用が低下し

歯肉炎を引き起こしやすくなり、また虫歯にもなりやすくなります。

また花粉症の薬には抗ヒスタミン薬が入っている場合、


服用していると、副作用で口の中が乾燥しやすくなります。

花粉症の時期は虫歯や歯周病になりやすい時期ととらえ、いつも以上にホームケアを


行ってください。


口の中が乾燥しているため、飴やガムなどを頻繁に摂取しがちですが、


ノンシュガーの物やキシリトール配合のガムなどを選択してください。

当クリニックでも歯科医院専用の、キシリトールガムを販売しております。

もう一つあります。


これは患者さんによる話ですが、花粉症の時期には歯医者は行きたくないとのことでした。

理由を聞くと


削ったり歯石を取ったりしてる時など水が出るんですが、その水がつらいとのことです。


鼻で呼吸しようにも詰まっているため、口で息をしなくてはならないんですが

どんどん水が出てくるから途中からかなり苦しくなるそうです。

その患者さんの表現を用いると、溺れるそうです。

そのためその方は花粉症の症状が出る前に、虫歯のチェックも兼ねて


お口のクリーニングをしにいらしています。

花粉症の症状がひどい方は今のうちに、治療をしておくことをお勧めします。

稲荷町・新御徒町・元浅草の歯医者なら~松原歯科クリニック

松原歯科クリニック院長 松原将人

投稿者: 松原歯科クリニック

2012.01.18更新

 

御徒町・上野・浅草の歯医者なら~松原歯科クリニック

松原歯科クリニック院長 松原将人です。


本日は虫歯予防についてお話します。


虫歯予防については大きく分けて2つになります。


まず一つ目はホームケアと言われ、ご自身で行う 歯みがきです。

毎日の生活の中で少しずつたまるプラークを、歯ブラシ・歯間ブラシ・デンタルフロスを

使用し除去し、虫歯を予防します。

二つ目はプロフェッショナルケアと呼ばれ、歯科医院での専門的なケアを行う予防です。


日々の歯みがきをどんなに頑張っても、磨き残しがでてきてしまいます。

その残った汚れを専門的な器具を用いて取り除いていきます。


またその他にはフッ化物の歯面塗布、フィッシャーシーラントなどがあります。


プロフェッショナルケアは半年に一度ほどを目安に行うことをお勧めします。


プロフェッショナルケアを行うことにより、歯の表面にプラークがつきにくくなり


日々のホームケアも行いやすくなります。


もちろん汚れを落とすことにより、口臭も改善される効果もあり、虫歯の早期発見にも


つながっていきます。


虫歯になってから歯科医院に来院されるのではなく、虫歯になってないかを確認するために


歯科医院に来院されることをおすすめいたします。


当クリニックに来院されプロフェッショナルケアを行った方には、目安として半年ごとまたは


一年ごとにリコールハガキを送らせていただいております。

お希望の方には、フッ化物の歯面塗布も行っております。


御徒町・上野・浅草の歯医者なら~松原歯科クリニック

投稿者: 松原歯科クリニック

2012.01.17更新

御徒町・上野・浅草の歯医者なら~松原歯科クリニック

こんにちは松原歯科クリニック院長 松原将人です。

本日は虫歯についてお話します。

虫歯の原因はズバリ細菌です。


代表的な虫歯の原因菌はストレプトコッカス・ミュータンスです。


通称S・ミュータンスやミュータンス菌と言われていますが、


実際どのようにして虫歯を作っていくのでしょうか

まずはじめにミュータンス菌、食物残渣、唾液がくっつき歯垢(プラーク)となり

歯にくっつきます。


そしてミュータンス菌は食べ物の特に糖質から酸と不溶性グルカンを形成します。


酸が大量に産生されると、口の中のPHが酸性に傾き、歯の表面のエナメル質表面の


Caを溶かしはじめます。これを脱灰と呼びます。


脱灰が進むとCaイオンが抜けるだけではなくエナメル質そのものを

崩壊することになります。


いったんエナメル質に欠損をきたすと自然治癒はしません。


これが虫歯になる過程です。


簡単にいうと


口の中の細菌が食べ物から栄養をとり、酸を出す。

その酸が歯の表面を溶かす。

ということです。

おわかりいただけたでしょうか?


細菌のほとんどは歯の表面に付着したのち、糖分と接触した時点で瞬時に酸を産生する


と思っていただいて結構です。


つまり食後やおやつを食べてから30分すぎてから歯磨きを行いましょう。


なぜ30分経ってからなのかは今後お話させていただきます。

御徒町・上野・浅草の歯医者なら〜松原歯科クリニック

元浅草・稲荷町・新御徒町周辺の松原歯科クリニック院長 松原将人

投稿者: 松原歯科クリニック

2012.01.05更新

御徒町・上野・浅草の歯医者なら~松原歯科クリニック

こんにちは松原歯科クリニック院長 松原将人です。


今回は以前当クリニックにソニックケアーのディーラーの方が来て

新しいソニックケアー ダイヤモンドクリーンについて商品説明してもらいました。

今回は新たなモードが2つ(ホワイトモードとポリッシュモード)追加され、

ブラシも毛先がダイヤモンド形にカットされ、高密度植毛ブラシによって、

より高い洗浄効果と、ステイン除去効果が得られるそうです。


効果としては、手磨きの最大4倍のプラーク除去と約2週間でより健康な歯肉に

そしてわずか1週間でより自然な白い歯へ


とのことです。


今回このようにお話をさせていただいている理由としては

今までは歯科医院で電動歯ブラシを購入するより、大型量販店で購入した方が

断然安かったのですが、今回は歯科医院専売というかたちで

多少量販店とは付属品が異なりますが、断然安く購入することができます。


もし購入を考えていらっしゃいましたら当クリニックまで来院ください。


ちなみに私もソニックケアー ダイヤモンドクリーンを購入し、使用しておりますが、

今まで手磨きでしかやったことがなかったので、まだ単体で使用せず

手磨きのあとの仕上げ磨きとして使用しておりますが、


なかなか良いものだと思います。

特にツルツルになった感じが良いと思います。

新御徒町・稲荷町・元浅草の歯医者なら~松原歯科クリニック

松原歯科クリニック院長 松原将人

投稿者: 松原歯科クリニック

2012.01.01更新

御徒町・上野・浅草の歯医者なら〜松原歯科クリニック
あけましておめでとうございます 松原歯科クリニック院長 松原将人です。

昨年は当院へ御来院いただき誠にありがとうございます

本年度もスタッフ一丸となって精進してまいりますので、よろしくお願い致します。


御徒町・上野・浅草の歯医者なら〜松原歯科クリニック

投稿者: 松原歯科クリニック


SEARCH



歯を失ってしまった方へ 松原歯科クリニック エキテン
松原歯科クリニックFacebook 今すぐネット予約
TEL:03-5830-3118