松原歯科クリニックブログ

2015.03.19更新

虫歯になって歯医者にかかり1〜2回で治療が終わると思っていたのに

1本の歯の治療で何回も通院しなければならなかった。

という経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか?


実はこれには理由があるのです。


我々歯医者にしてみれば一刻も早く痛みを取り最善の治療で、なるべく通院回数を

減らして差し上げたいと思いながら、日々診療をしています。

そもそも虫歯の治療は、虫歯の深さにより異なるのです。

虫歯が浅い場合、虫歯菌に汚染された部位のみ除去すれば、

そこにプラスチックや金属の詰め物をすれば良いので、1〜2回で済むのです。

しかし虫歯が深い場合、歯の神経の近くもしくは神経の中に虫歯菌が広がってしまっている

時には、神経が入っている根管の治療が必要になるのです。

根の治療には時間がかかり、難しいのには大きく分けて2つ理由があります。

1つは技術的に高度であるということです。

まず大変なのが神経の通る根管を探すこと。

根管の本数や枝分かれの仕方は人によって様々です。

そしてその根管は素直に一筋伸びているとは限りません。

曲がっていたり、枝分かれしたり、網目状に広がっていたり

複雑な形をしている方がむしろ多いのです。

その複雑な根管に針のような器具を用いて中を掃除するのは非常に困難です。

この複雑な根管ゆえ、治療器具が奥まで届かなかったり、無理して行うと

歯を壊してしまう恐れもあります。

ですから歯根の奥まで可能な限り掃除して、あとは薬剤で消毒するしかありません。

そしてもう一つの理由が、治療後、最終的に治癒に至るには

患者さん自身の体の抵抗力の強さが必要になってくるからなのです。

いくら治療自体がうまくいったとしても、患者さんの体調が良くなかったり

持病をお持ちだったりすると、根管の中が綺麗になるのに時間がかかったり

時には痛みが生じてしまうこともあるのです。

このように歯根の治療が成功するまでには様々な要素が絡み合ってくるのです。

さらに大変なのが根の先に炎症のある歯の再治療となると、さらに成功率は下がり

世界的に有名なデータでは成功率60%程度と報告されています。

強い炎症が出てしまうほど、成功率は下がってしまうので普段から虫歯予防を

心がけ、早めに歯科を受診しましょう。

また根の治療を開始しましたら、こちらも最善を尽くしますので

患者さまも根気強く通院していただきたいと思います。


松原歯科クリニック

投稿者: 松原歯科クリニック

2015.03.17更新

今回はホワイトニングと歯のクリーニングの違いにつきましてお話しさせていただきます。

まずホワイトニングも歯のクリーニングも二つとも歯を白くするという目的においては

同じになりますが、全くの別物になります。


歯のクリーニングにつきましては、歯の歯垢、歯石を専用の機械で除去していき

歯の表面についている茶渋やヤニ、着色などを除去していきます。

歯の表面についている汚れを除去することにより、本来のご自身の元の歯の色に


近づいていきます。


このクリーニングにいつきましては、あくまでご自身の元の歯の色に近づくもので


それ以上の歯の白さにはなりません。

ホワイトニングに関しましては、専用の薬剤を用いて行うため

本来の自分の歯よりもより白くすることが可能になります。


ただしホワイトニングに関しましては、保険適応外となっておりますので


ご注意ください。


松原歯科クリニック

投稿者: 松原歯科クリニック

2014.11.19更新

 

台東区・新御徒町・稲荷町・元浅草の歯医者なら〜松原歯科クリニック


本日は患者さんからの質問にお答えしたいと思います。

『抜歯をしたいのですが、インフルエンザの予防接種を行っても良いですか?』

ということですが


結論から言いますと予防接種を行ってから一ヶ月間は抜歯は原則行えません。


これは厚生労働省の予防接種のガイドラインに記されていますので、


抜歯を予定している場合には気をつけてください。

抜歯,扁摘手術,ヘルニア手術等,緊急性のない場合には,予防接種後1カ月間は,紛れ込み事故を考慮に入れ,原則として避けることが望ましい。しかし,緊急性の高い手術,周囲に流行する病気の状況によっては必ずしもこの限りではない。


上記に記したのは厚生労働省のガイドラインの一部を抜粋しています。

なぜ一ヶ月なのかは明確には記されておりませんが、念のためご自身でも


歯を抜かなければならない場合のは、ご自身でもご注意ください。


松原歯科クリニック院長 松原将人

投稿者: 松原歯科クリニック

2014.10.27更新

 

台東区・新御徒町・稲荷町・元浅草の歯医者なら〜松原歯科クリニック

今回は患者さまからのご質問にお答えしたいと思います。


『根の治療は何回くらいかかりますか?』というご質問をよく伺います。

一般的に根の治療の終わりにする判断基準というものがいくつかございます。

・打診痛の消失(噛んだり叩いたりして痛くない)


・根の中が綺麗になった状態

このような状態になってはじめて根の治療を終了となります。


歯の根っこというのはかなり複雑な形をしていることが多い為

特に根の中が綺麗になるまで時間がかかったり、治りにくい場合もあります。

その為、根の治療に関しまして大変期間がかかってしまうことがあります。

ただこの根の治療を症状が無いからといって途中でやめてしまうと

後々さらに根の治療が長引いてしまう恐れがありますので

根気強く治療を行ってください。

松原歯科クリニック   

投稿者: 松原歯科クリニック

2014.03.28更新

新御徒町・台東区・上野・元浅草の歯医者なら~松原歯科クリニック

本日はこの質問についてお答えさせていただきます。


初診時に親知らずを今日抜けるか?という連絡をいただきますが

親知らずの生え方にはいろいろあり、まっすぐ生えている方もいますし

横に生えてしまっているものもあります。


そういった状況でレントゲンを撮っていない段階でまずお答えすることができません。


まずはレントゲンを撮った状態で判断させていただきます。


その状態で当日行えるかどうか診査し、その後の他の患者様の予約状況により

判断させていただきます。


横に生えている親知らずに関しましては、その状態にもよりますが

大学病院に紹介して抜いていただく場合もございます。


お仕事等でなかなかお時間がおとりできない方もいらっしゃいますが、

まずはお口の状態を診てということになりますのでよろしくお願い致します。

新御徒町・台東区・上野・元浅草の歯医者なら~松原歯科クリニック

松原歯科クリニック院長 松原将人

投稿者: 松原歯科クリニック

2014.03.12更新

新御徒町・台東区・上野・元浅草の歯医者なら~松原歯科クリニック

最近では歯を白くしたいという希望をお持ちの方が増えてきています。

特に接客業の方々など向かい合って話をするうえで、歯が悪いと良い印象を持たれない

というような話を聞きます。

そこで患者様からよく聞かれるのは、保険でも歯を白くできるんですか?


と聞かれることが多々あります。


保険治療でも歯の部位によっては白くすることは可能です。


しかしながら保険で使用されている白い材質のものは、何年かすると


かならず色が変化していきます。

使用している材料は硬質レジンというプラスチックのような素材のため

初めは白くてもいずれ黄色っぽく見えたり茶色っぽく変化してしまいます。


そのため色が変わってきたらその都度被せ直さなくてはなりません。


また色合いについてもある程度の色合わせはできますが、単色のため

本来の自然な歯の色とは違い、ただ白いだけの歯となってしまいます。


そのようなことがないように審美的な満足感を満たし、なおかつ歯を長持ちさせるためには


多少費用的にはかかってしまいますが、セラミックの歯を入れることにより


より良い口腔内環境を得ることができます。


もし審美的な悩みをかかえているようでしたら、一度ご相談いただければ幸いです。

新御徒町・台東区・上野・元浅草の歯医者なら~松原歯科クリニック

松原歯科クリニック院長 松原将人

投稿者: 松原歯科クリニック

2014.03.11更新

 

新御徒町・台東区・上野・元浅草の歯医者なら~松原歯科クリニック

今回は患者様からの質問にお答えしたいと思います。

親知らずを虫歯などで抜歯をせざるおえなかった方々からの質問で

「親知らずを抜いた後、抜いたスペースに何か被せたり するんですか?」


という質問が多くあります。

答えから先に言いますと、親知らずを抜いた後は特に治療は必要ありません。


殆どの方は上下の親知らずがまっすぐ生えている方が少なく

上の歯だけ生えていて下の歯は顎の中にもぐっていたりします。

そのため親知らず自体、食べ物を噛んだりする機能を果たしていないことが多いのです。

また一番奥の歯のため歯ブラシが当たっていないために虫歯になってしまうことが

多々あります。


他の部位については抜歯をした後はなにかしらブリッジにしたり入れ歯をいれたり


インプラントを入れたりする必要はありますが、


親知らずに関しましてはその必要がないためにそのままにしておくことがほとんどです。

 

投稿者: 松原歯科クリニック

2013.10.16更新

 

台東区・新御徒町・稲荷町・元浅草の歯医者なら~松原歯科クリニック


本日は患者さんからのご質問についてお答えさせていただきます。


たばこのヤニ取りだけ出来ますか?というご質問をいただきました。


答えを先に申し上げますとNOです。


一般的にお口のクリーニングを行う場合、まずお口の状態をレントゲンおよび

歯周検査を行ったうえで、歯周病になっていたりした場合にまずお口の掃除を行います。


一般的に保険診療というのは病気にかかった場合に治療を行うものでありますので


たばこのヤニというのは病気ではないので、それだけを取るということは保険診療の適応外

になってしまいます。


ヤニが付いているということは歯石およびプラークも付着している可能性は高いと


思われますので、まずはお口の検査を行ってから歯石およびプラークの除去を

行いそれと同時にタバコのヤニを落とすことをおすすめします。

台東区・新御徒町・稲荷町・元浅草の歯医者なら~松原歯科クリニック


松原歯科クリニック院長 松原将人

投稿者: 松原歯科クリニック

2013.07.16更新

 

ホームページをご覧になっていただき誠にありがとうございます。

メールでのお問い合わせにつきまして、一部返信が出来ない場合がございます。

パソコンからのお問い合わせにつきましてはほぼ返信可能となっておりますが、

一部スマートフォンおよび携帯電話のメールアドレスにつきまして

その本体の設定上、パソコンからのメールを拒否になっている場合

返信が一部出来ない場合がございますので、お手数ですが

設定の変更していただくか、フリーメール(G-mail等)にてお問い合わせしていただけるよう


お願い致します。

また電話番号を表記していただくとそちらの方におかけいたします。

台東区・新御徒町・稲荷町・元浅草の歯医者なら~松原歯科クリニック

投稿者: 松原歯科クリニック

2013.01.09更新

 

台東区・新御徒町・稲荷町・元浅草の歯医者なら~松原歯科クリニック


今回は患者さんから頂いた質問を掲載させていただきました。

2歳のお子様がいらっしゃる方で、ご両親は電動歯ブラシを使用されており

手で磨くよりも、電動歯ブラシの方が効果があるとお考えで

お子様にも使用してもよいのでしょうか?

という質問をいただきました。

ソニックケアー社で子ども用の電動歯ブラシが販売されていますが

取り扱っている代理店の方に聞くところによりますと

4歳ぐらいからが対象となっており、なおかつあくまで自主的に行う為に

作られたものとのことでした。

また大人用で使用すると歯ブラシのヘッド部分も大きいので、

細かいところまで磨けない可能性があるためおすすめはできません。


電動歯ブラシも当て方を間違えれば、磨けていないのと同じなので

必ずご両親の最終的なチェックが必要となります。

今回は2歳のお子様ということもあり、手磨きで行うよう説明いたしましたが

パナソニックより仕上げ磨き用のポケットドルツというものも

販売されており、歯ブラシの下にライトがついているため

お口の中が見やすく仕上げ磨きが、やりやすくなっています。

電動の方がいいと思われる方は購入されてもいいと思います。


ちなみに私も子どもの仕上げ磨きにポケットドルツを使用しております。


ライトが付いているためかなり見やすくなりやりやすいと思います。


台東区・新御徒町・稲荷町・元浅草の歯医者なら~松原歯科クリニック

松原歯科歯科クリニック院長 松原将人

投稿者: 松原歯科クリニック

前へ
歯を失ってしまった方へ 松原歯科クリニック エキテン
松原歯科クリニックFacebook 今すぐネット予約
TEL:03-5830-3118