松原歯科クリニックブログ

2015.02.25更新

 

虫歯予防に基本的な歯磨きが必要なのは、ご存知とは思いますが

特にお子様の仕上げ磨きをする際に、虫歯の好発部位(なりやすい場所)を

知っているのとそうでないのとでは、随分と違いがでてきます。

まず上の歯の場合

・真ん中にある前歯の歯と歯の間

・一番奥の歯と二番目の歯の間


・一番奥の歯の咬合面(噛み合わせる面)の後方

下の歯の場合


・一番奥の歯と二番目の歯の間

・一番奥の歯の咬合面と頬側(ほっぺた側)の溝になります。

磨きづらい所や唾液の届きにくいところが、虫歯になりやすくなります。

予防としては歯ブラシの後、歯間部には糸ようじを使用してください。

これは大人にも有効です。


この行為をするとかなり汚れが取れ、予防につながります。

また乳臼歯に対しては、シーラントによる溝埋めをしてあげるのも良い方法です。

当クリニックでも行っていますので是非ご相談ください。

この好発部位をわかって仕上げ磨きをすると、より違いが出ますので

早速今日の歯磨きから実践してみてください。

松原歯科クリニック院長 松原将人

投稿者: 松原歯科クリニック

歯を失ってしまった方へ 松原歯科クリニック エキテン
松原歯科クリニックFacebook 今すぐネット予約
TEL:03-5830-3118